私は借りられる?立場によって変わる借入限度額

freee151108368494_TP_V

旅行先、デート、お客さんとの急な接待、一念発起した再就職活動・・・・人によってお金が必要になる瞬間は様々です。

借金は嫌だけど、でもそれをすることで、生活を大きく変えるチャンスを得られるなら、先行投資・出世払いで借りるのは悪いことではないと思いませんか?

 差異はあれど借りられる!まずは自分が借りられるかCheck it up!

カードローンを借りるにあたって、まずネックとなる問題が、「自分は借りられるのか?」ということです。

  • 年金需給者だけど借りたい。
  • 非正規雇用でも大丈夫?
  • ニートだから無理かな?

借りたい理由も立場も人それぞれ。カードローンを利用するには、いったいどんな条件をクリアして行けばよいのでしょう?

 年金受給者でも借りられる?年金需給者がカードローンを利用する方法

a1070_000109

高齢になればなるほど、医療費などで出費が増えてしまう今の世の中。孫も生まれれば、嬉しい反面それだけお祝いも必要になりますね。嬉しい悲鳴です。

高齢者が融資を受けようとする場合、年齢制限を受けることがあります。具体的な年齢をあげると、銀行系であれば65歳、消費者金融であれば69歳以下までです。

70歳以上では借りられないのか?と焦ってしまう方もいるかもしれませんが、70を超える高齢の方は、不動産や年金を担保に、独立行政法人福祉医療機構あるいは日本制作金融公庫など、公的機関でも融資を受けられることができます。

独立行政法人福祉医療機構からの借入について詳しくしりたい方はこちら ⇒ 独立行政法人福祉医療機構 年金担保貸付事業・労災年金担保貸付事業

年金需給者でも受けられる融資について詳しく知りたい方はこちら ⇒ 働いてない年金受給者がカードローンで借入するにはどうしたらいい?

 非正規雇用でも大丈夫?派遣社員のカードローン、審査内容の中身は?

freee151108088544_TP_V

就労もしているし一定の収入があることも確実。だけど、派遣社員だし、おまけに年収に自信がない。そんな人もカードローンを利用したい時があると思います。

派遣社員の方でも、事前調査を行った上で、特に問題が無ければカードローンを利用することは可能です。派遣社員の方が、融資を受けるための具体的な審査の内容は、次の通り。

  • 勤続期間が最低でも1年以上はあること
  • 安定した収入を得ている
  • 過去の借入で返済実績に傷がないこと
  • 社会保険に加入していること など。

融資の申し込みをすると、カード会社から勤め先へ申告内容に相違がないか、在籍の確認連絡が行ってしまいます。会社にばれたくないという人は、消費者金融系の電話連絡がないような企業に融資を申し込むしかありません。

派遣社員の方が融資を受ける方法について、もっと知りたい方はこちら ⇒ カードローンは派遣社員も歓迎している?大事なのは在籍確認

 アルバイトやパートでも!急な出費に即対応

カードローンを利用する際に審査される内容で、重要視されることの一つは、返済能力の有無についてです。故にアルバイトやパートでも、毎月安定した収入があれば、カードローンを利用することができます。

事前審査の具体的な内容は、

  • 利用者の年収
  • 勤続年数
  • 過去の借入状況
  • 返済実績の傷の有無 など。

年収によって、借入できる限度額が決められるため、雇用形態が安定していないアルバイトやパートの方だと、限度額はどうしても低めで設定されてしまうでしょう。

アルバイトやパートのカードローンについて詳しく知りたい方はこちら ⇒ アルバイトやパートならカードローンで融資は受けられる?オススメ業者は?

 ニートだから無理?カードローンを利用するなら就労するのが一番の近道

bsE146_oimitemiroyopupu

カードローンの事前審査には返済能力の有無が重要視されることは、これまでにも何度も書いてきました。では、ニートの方は、カードローンを利用することはできないのでしょうか?

結論を書けば、非常に難しいです。事前審査の段階で、収入証明書が必要になるので、それが提出できない時点で、申し込みすらできないでしょう。

では、ニートの方は「お金を借りること」自体全くできないのでしょうか?

いいえ、貸してくれるところはあります。例えば「レイク」。ここでは、100万以下であれば収入証明がなくとも借入することができます。またクレジットカードを所有していれば、そのキャッシング枠も10万円までなら利用可能です。

しかしどうしてもカードローンに拘るのであれば、就労をするのが一番の近道になるでしょう。

ニートの方がカードローンを利用することについて、詳しく知りたい方はこちら ⇒ ニートがカードローンを利用する方法!アルバイトを始めるのが早い?

 生活保護受給者は借用不可?貸してくれる業者には気を付けて!

正規雇用でも非正規雇用でも、あるいは年金需給者でも、安定した収入があれば、限度額の差異はあってもカードローンを利用することができることはわかりました。

では、一定の収入という括りで、生活保護受給者の方は、カードローンを利用することはできるのでしょうか?結論から書けば、できません。

そもそもの「生活保護」というものが、最低生活水準に足りていない部分を生活保護費で補うために支給されているもの。これを、借金の返済に充てるようでは、本来の生活保護の趣旨と離れてしまいます。

もし仮に、カードローン以外ででも借金をした場合、生活保護申請時に申告した当初と、財務状況が異なってしまうため、申告内容の訂正が必要です。これを怠ると、報告義務違反で生活保護の支給が止められる可能性があります

また生活保護申請前から既に借金があった場合は、生活保護費は下りません。

生活保護の申告について不正があった場合の行政からの対応について詳しく知りたい人はこちら ⇒ 厚生労働省社会・援護局 生活保護行政を適正に運営させるための手引きについて

生活保護受給者の借金について詳しく知りたい方はこちら ⇒ 生活保護者が借りられる業者は違法業者?カードローンで生活保護がストップされる?

 そもそも年収は関係ない。大切なのは信用度

以上、職業別カードローンの利用可否についてでした。収入があること、また過去の返済実績に傷が無ければ、どこかの機関がお金を貸してくれることはわかりましたね。そもそも、銀行あるいは金融業者にお金を借りる場合、最も重要視されることは信用度です。年収ではありません。

例え年収が高くても、最近流行りのフリーランスを生業としている人たちは、カードローンの審査も厳しくなる傾向があります。その理由は、やはりフリーランスという不安定さです。

どこかの企業に勤めているわけでもなく、また事業内容自体が企業ほど確約されたものではないフリーランスの方たちは、年収が高くとも信用度において審査が厳しくなってしまいます。

フリーランスのカードローンについて詳しく知りたい人はこちら ⇒ 年収は関係ない?カードローン審査でのフリーランスの信頼の低さ

例え大変でも、地道に一つの企業で、着実に実績と実力をつけることが、限度額を引き上げることができる、もっとも確実な方法と言えますね。